[an error occurred while processing this directive]
ULTRA シフトインジケーター取り付け
2008/02/09

[2006年12月の作業]
シフトノブを交換して似非MT仕様になったため、シフトポジションがわかりやすくなるように、ということで取り付けました。


今回購入したのは、永井電子「シフトインジケーター No.4500 青LEDカーボンモデル」です。
ヤフオクのパーツデポ3号店の新品販売で、12,443円でした。


取り付け中の写真は、撮るのを忘れてました。
電源と、車速信号と、回転信号と、リバース信号を取るだけです。
車速信号は、ナビ取り付け時にECUから引いてあるので、それを利用します。
回転信号は、車速を引くときについでに引いておきました。
リバースも同様に、ナビ取り付け時に引いたものから取ります。

使用にあたってはセッティングが必要で、各シフトポジションでなるべく最大加速をしているときに、 本体を操作してデータをセットさせる必要があります。
友人に手伝ってもらい、セッティングを行いました。一人では無理がありそうです。

4ATの場合、
1速:「1」ポジション

2速:「2」ポジション

3速:「D」ポジション+オーバードライブOFF

4速:「D」ポジション+オーバードライブON
という順番でセッティングします。

セッティングが済むと、正しいシフトポジションを表示します。

速度が0km/hのとき。シフトポジションが「R」以外のときに表示。


1速。シフトポジションが「1」または「D」のときに表示。


2速。シフトポジションが「2」または「D」のときに表示。


3速。シフトポジションが「D」のとき、または「D」+オーバードライブOFFのときに表示。


4速。シフトポジションが「D」のときに表示。


リバース。シフトポジションが「R」のときに表示。左側の丸印が点滅します。

左側に、シフトアップ、シフトダウン可能なタイミングを表示する矢印がありますが、ATなので全く使いません。
また、ATの場合は減速時に正しいシフトポジションを表示できない場合があります。(説明書にも記載がある事項です)

とりあえず、リバースに入っていることがハッキリわかるようになったので便利です(そこか。



NX2000のインデックスに戻る / サイトトップに戻る