[an error occurred while processing this directive]
全損事故
2008/03/06

[2006年4月の出来事]
事故を起こし、NXが動けない状態となってしまいました。
道路に寝ていた酔っ払いを避けたため、壁にぶつかってしましました。
修理できないこともなかったのですが、新車買える位の費用がかかるので、苦渋の決断で諦めました。


●2006/4/21金曜日の仕事帰り、明けて22日の午前4時前、家まであと5分程度のところでした。
道路の左半分を使った状態で人が寝ており、それを避けようと、右に急ハンドル。
そして、次の瞬間には民家のブロック塀にぶつかっていました。


4月の午前4時前なので、当然真夜中真っ暗です。
この状況で、いきなり人が寝ていたら、かなりの確率で事故るか、または最悪の場合轢いてしまうと思います。
場所は、交差点を曲がって10m程度のところ。
そして上り坂です。
真夜中で上り坂、ということもあり、早期の発見は難しい状況であるといえます。


後日撮影した現場付近の写真ですので、昼間の写真ですが、事故当時は真夜中です。
信号の無い交差点を曲がって10〜20mくらいの場所です。
赤丸のあたりに人が寝てました。
「止まれ」の道路標示があることから、交差点付近であることがわかると思います。青い線は、NXが走行したライン。
真夜中ということで、油断もあり40〜45km程度は出てたと思います。
気が付いた瞬間には、回避するだけで精一杯でした。回避操作後は記憶がありません。あまりに驚愕の出来事に気を失ってしまい、目が覚めたら壁にぶつかっていました。


赤丸で示したあたりの壁にぶつかりました。

寝転がっていた人は、ちなみにその人は20代前半の男性。ものすごく泥酔してました。
あまり的確ではないし、いい表現ではありませんが、ヤンキーっぽい感じ。
その人は、壁に車がぶつかった音ですら起きず、起こされても状況がつかめない模様。
次第に酔いがさめてくるにつれ、平謝りしてました。
道路に寝てたことは非常識だし問題がある行動だと思いますが、こちらは自動車、相手は人。
前方不注意といわれれば、否定は出来ません。
その人に文句を言ったところで、ぶつかってしまったものは取り戻せないですよね。多少の文句は言っておきましたが。
非常に腹立たしいです。

さらに腹立たしいのが、その母親が後からネチネチとしつこかったこと。
保険屋だけでなく、本人が来て謝罪しろの一点張り。
仕事の都合でどうしてもいけない状態が続いていたのですが、強引に定時退社して行ってみれば、理不尽な言い分の嵐。
子供が道路に寝ていて迷惑をかけたなんて、微塵も責任を感じていない様子。
話の内容も筋が通っておらず、子供の怪我(かすり傷)は問題視する割りに、当方の頭部挫傷なんて知るかという態度。
事故当日、相手からご好意でタクシー代を頂いたのですがそれを返せ、というのと、靴がかすれて壊れたから弁償しろ、というので現金を持って行きましたが、それを差し出せば「何?これで示談?」とかいう始末。
今からでも人身事故扱いにしてやるぞ、的な脅し文句を言ってきたし、長期化したくなかったので、たいした反論もせずに終わりにしてきました。
しかし、後から考えると徹底的に争ってくればよかったと、後悔する日々が続き、ノイローゼ状態と言ってもおかしくない状態が少なくとも数ヶ月は続きました。
こちらにも非があるのは理解していますが、相手側にも非があることを認めて欲しかったです。納得がいきません。


さて、事故当日の続きです。
一通り処理も終わったころは、既に朝日も昇った5時半ごろでした。
あそこに人が寝ていなければ、もしもっと早く帰っていれば、もし違う道で帰っていれば・・・。 自動車で道路を走るって事は、いつ何が起こるかわからないってこと。
常に気をつけて走らなければいけないってこと。
結局はそういうことなんでしょうね。
人をひかず、クルマが壊れただけで済んだわけで、本当に不幸中の幸いです。


事故現場を携帯で撮影した写真。写真の右側が壁です。
NXはフロント右半分が完全につぶれており、どうやっても動きません。
ブロック壁は崩れておらず、衝撃で10cm程度の穴が開いてしまった程度です。
JAFへ連絡し、警察にも連絡し、警察は近所の派出所?の人と、交通課の人が来ました。
ご近所の家の方や、ちょうど後ろを走っていた方も協力してくれて、通行車の誘導や、警察への説明もしてくれて、ホント助かりました。
夜中と言ってもおかしくない時間に、協力してくれた人たちには本当に感謝です。後日お礼に伺いました。
現場検証ののち、最終的には物損扱いの事故として扱われました。
クルマは相当のダメージですが、人をひかなかったことは、本当に不幸中の幸いと思うほかありません。
ぶつかったのが壁だったのも、たとえば民家や民家の車にぶつからなかっただけ、マシだったと思います。


JAFのローダーに載せられたときの写真。
日が昇ってきたので、すでにあたりは明るいです。
ローダーでフロントを持ち上げて、一番近くの日産に運んでもらいました。家のティーダがお世話になってます。


●午前中は、ほとんど寝ていない眠い目をこすりながら状態を見に行ってきました。

フェンダーのボルトが壊れるくらい壊れてます。フレームも完全に曲がってます。


タイヤは完全にダメ。ホイールも曲がっていたと思います。
右の袋は、道路に散乱した破片。


タイヤは外を向き、元に戻りません。


エンジン本体には損傷がほとんど無いように見えます。


右ヘッドライトは壊れましたが、ウインカー、フォグは大丈夫そう。フォグのカバーは割れました。



左から見ると、事故っているようには見えませんね。
右後方からみると、若干わかるかも。
ステアリングはこの位置から動きません。距離は119481km。

NXが運ばれた日産はブルーステージです。
いつもお世話になっているのはレッドステージなので、翌週にはレッドステージに移動しました。
レッドステージでも、いつもお世話になっている場所とは違うとこ。
以前追突修理をしてもらった板金屋がある日産です。
ややこしいです。

移動した先のレッドステージでの写真。


●午後は隣りの市にある病院に行ってきました。
あまり真剣に見てもらえなかったので、週明けの月曜日に、いつもの病院へ行くことに。
左手の人差し指付け根付近を打撲して腫れていることと、首、肩、腕あたりの徐々に出てきてる状況です。
いつもの病院では、頭部挫傷と診断。リハビリを含め、1ヵ月半ほど通いました。
実費治療でしたが、一応会社の帰りだった(寄り道したので厳密にはそうならない)ので、治療費+αを支給してもらえることに。

●約1週間後。
修理費の見積もり金額を頂きました。
その費用、なんと146万円。
新車が買えます。

ちなみに、部品代で90万円近いそうです。
また、フロントピラーや、リアフェンダーまでズレが出ているらしいです。

修理費の見積もりが出るということは、その気さえあれば直せるということになるわけですが・・・。
諦めることにします。
今月で登録抹消&廃車になると思います。

詳細な費用が出る前から、半ば諦めていましたが、これで決心が付きました。
それだけのお金を使うのであれば、別のNXをベースに移植などの作業が十分出来ること。
フレームや足回りまでいってるクルマを直して、満足できる走行性能が得られるかどうか疑問だったこと。
これらが理由です。

ということで、TypeSを泣く泣く諦め、別のNXを探すことになりました。
話は「NX2000 納車までの道のり」に続くことになります。



NXクーペTypeSのインデックスに戻る / サイトトップに戻る