[an error occurred while processing this directive]

1999年12月のtkmt's NX COUPE

2006/12/12更新
・一部写真の拡大写真を追加


フロントのスタビライザー部分が5mm足りません。  

「車高が足りないんですよ・・」
「えっ!?」


2回目の車検

NXを買ってから2回目の車検がありました。
車検に向けて、ライト系は全部ちゃんと戻したし、シートも戻したから全ッ然OK!、っておもってたら、えらく問題ありでした。
まさか車高が足りないなんてね。

前上がりの車高(泣)
スプリングをノーマルに戻して、前上がりの車高。

ダメだったこと。
1.車高が5mm足りない。
(フロントのスタビライザーがひっかかった。
どうやらショックがヘタってきているらしい(2年使用))

2.自作のフロントウィンカーレンズがダメかもしれない。
(スモーク具合にムラがあったことと、昼間の視認性に難有り)


車検終了後は、ノーマル車高のせいかフロントのくいつきが今までより良くて、なんだか曲がりやすい。これもいいな、とおもったけど、即日にもショップにお願いして今までのスプリングに戻してもらう(笑)

ノーマル車高  ダウン後の車高

左:ノーマルスプリングの車高
右:ダウンスプリングの車高

ディーラーでのスプリング交換工賃 15,800円。
ショップでのスプリング交換工賃 10,000円。
合計 25,800円。
これってスプリング1台分買えるよ・・・(泣)
さすがにこのときは、自分でスプリング交換できる技術があれば・・・って痛感しました。


あと、車検のためにライトバルブを交換しました。
なんといま話題のCAZ ZETA(キャズゼータ)。バルブとコネクタの間に特殊なユニットを介入させて、光量を170%アップさせるというもの。
使ってみた感想は、「これはたしかに明るくなる!」です。 実用性は高いです。色光も見やすい白色。 ただ、僕的には、こう本当の白さはキライじゃないけど好きってほどではなくって、青白系が目標なのです(爆)
ちなみに、今まで使っていたのはPIAAのプラズマブルーです。
CATZ ZETA

それから、スモールも交換しました。 これはPIAAのプラチナホワイトなのですが、相変わらずPIAAっていろんな種類出してきますね。こんな小さなウェッジ球でいろんな色光をつくれるの?と疑問を抱きながらも買ってしまうあたり、やはり物好きです(笑)。で、色は白でした。
PIAA プラチナホワイト


リアタワーバー装着

ショップでスプリングを交換してもらうついでに、リアタワーバーと取り寄せてもらいました。
でもこれ、NX用ではありません。パルサー(N14)用です。以前、これがつくという情報を得ていたからです。
ショップで頼むときに、「オールアルミ製」と、「シャフトのみアルミ製」のどっちにする?って聞かれて悩んだけど、万が一つかなかった場合のことを考えて「シャフトのみアルミ」のほうにしました。1万円ぐらいだったと思います。
ちなみに、クスコのRNN14用(だったと思います、たしか・・)

もちろん、無加工で装着できました。ただし、トランクカバーなどの内装を つける場合は、ちょこっと加工をするか、または内装の固定方法をビス止めからタイラップなどに変更する必要があります。

リアタワーバー  取り付け部分

左:タワーバーを装着した状態
右:取り付け部分はメタリックブルー


2000年4月へ / 1999年11月へ / tkmt's NX COUPEに戻る / サイトトップに戻る