[an error occurred while processing this directive]
ライセンス灯交換
2008/02/09

[2006年12月の作業]
ライセンス灯を交換しました。
純正のリアバンパーであれば、ボルト4本外して、バルブを交換して元に戻すだけの話です。
しかし、リアバンパーをMSデザインのユーロプレート仕様に改造してあるため、 そう簡単にはいきません。 (このリアバンパーは、2台目のTypeSに装着されていたもので、NX2000に移植しました)

TypeSのときは、バンパーの下から手を入れて、苦労すれば何とか交換できました。
今回も同様にできると思ったら、レインフォース?の形状が違うらしく、どうにも手が入りません。

・・ということで、バンパーを外しました。
ライセンス灯を交換するだけなのに、バンパー外すことになるとは。



ナットを外しても、ライセンス灯のユニットは外に取り出せません。
写真2枚目と3枚目はノーマルバンパー(TypeB)の写真です。


とゆことで、リアバンパー外しました。
初めて外しましたが、室内からナット7個とボルト2本、フェンダー側のビス2本、
下側からクリップ7個外せば取れました。


外した様子。ずいぶんさっぱりしてます。


リアサイドマーカーのコネクタが両サイドにありますが、
リアバンパーをNXクーペ用に交換済みなので、未使用です。


マフラーも良く見えます。何か書いてありますが、わかりません。一部読めないし。
ステンレスで錆びないとか、そんな感じな気がする。。


リアバンパーの裏側。
ナンバー周辺はどのように処理してあるのか以前から疑問でしたが、やはりカットしてありました。


ユニット。これにポラーグのミラクルホワイトをセットします。
この形状で白系のバルブは、ポラーグ以外で見かけたことがありません。


ユニットをバンパーに取り付けました。
若干取り付け部が弱くなっていたので、ユニットはTypeSのときのものと交換しました。
通常はボルトのみで固定可能ですが、念のためナットも併用。 あと、ステンレスボルトに変更しました。

レインフォースを拭いて綺麗にしておきました。

なかなか大掛かりに見えますが、作業自体はたいしたこと無いです。
ただし、バンパーの着脱時は一人だと若干大変です。助っ人がいるとやりやすいです。
外したバンパーを置くための布やカーペットなどがあると、なお良いです。


NX2000のインデックスに戻る / サイトトップに戻る